COPYRIGHT © MOTOREN SHIZUOKA ALL RIGHTS RESERVED.
仕事内容を知る

先輩社員インタビュー

テクニシャン(整備士)

静岡BMW 静岡店
テクニシャン 山田 大輔

Q.入社のきっかけは?

A.以前働いていた会社の社員が静岡BMWに転職して、「いい会社だから来ない?」と誘われて入社しました。BMWは幅広い車種があり旧車も入庫するので、奥が深くとても楽しいです。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.最近は、重整備を任される機会が多くなってきました。法定整備も大事な作業ですが、故障してしまった車の原因を探り、自分が修理し、きちんと直る、この工程は、自分に技術が身についていると実感します。

BMWの整備は種類が豊富で奥が深いです。

Q.今までで大変だった出来事はありますか?

A.エンジンオーバーホールが大変でした。部品の選定から部品発注も任されていたので、責任が重大でした。しっかり直すことに集中して、何日もかけ、そして最後エンジンが掛かった時は、嬉しくてガッツポーズしました!

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.今一緒に働いている工場長みたいな人になることが私の目標です。工場長は、自分も作業をしながら自分以外の人の作業や進捗も把握していて現場をコントロールしています。私もいつか、もう少し余裕が出てきたら周りの状況も把握できる人になりたいです。
BMWのメカニックの資格には、「マイスター」という称号があります。この称号は全国でもなかなかいない存在なのですが、出来るだけ早くマイスターの称号を獲たいです。BMWには、シニアテクニシャンなどさまざまなステップが用意されているので、目標がいっぱいあって頑張りがいがあります。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.せっかく働くなら小さくてもいいので何か目標を見つけて欲しいです。静岡BMWは働きながら資格取得も挑戦できます。ぜひ車が好きな人はチャレンジしてください。

静岡BMW 沼津店
テクニシャン 三枝 亮我

Q.入社のきっかけは?

A.中学生の頃に叔父がBMWに乗っていてBMWを知り、ノスタルジックカーのショーでBMWが好きになりました。静岡BMWに入社してからは、好きなだけだったBMWが、仕事を通して知識を増やしていき、整備する種類が増えていきました。今は叔父が乗っていたBMWを私が譲り受け、整備と修理をしながら大事に乗っています。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.自分で初めてできた作業が増える度に成長を実感しやりがいを感じます。先輩に協力してもらいながら行っていた作業が、自分ひとりで出来るととても嬉しいです。

子供の頃から好きだったBMWが仕事になりました

Q.静岡BMWに入社して良かったと思うことはありますか?

A.仕事を教えてくれる人達がみんな優しいです。あとクルマ好きが多いのも話が楽しいので魅力です。同じ職種についている同級生と比べても残業が少ない会社で、自分の担当の仕事が終われば、気兼ねなく帰宅出来る雰囲気も大変気に入ってます。

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.新しい資格を取るために今は教科書で勉強中です。会社からも資格を率先して取得するように後押ししてくれます。メーカー主催の研修も年に2・3回は受けられるので日々勉強している感覚です。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.自分の好きなメーカーが輸入車だったとしても臆せずにチャレンジして欲しいです。気になる会社があれば会社訪問を申し込んで実際に働く場所や人を見るのもいいと思います。静岡BMWでは、皆が優しくて整備の1から10まで嫌な顔せずに教えてくれるので、どんどんスキルを吸収できる環境だと思います。実際私も、重整備を含めて色々なモデルのBMWを一人で作業できるようになりました。